main

エコカラットのデメリットとは

sub 近年新築マンションでも導入されているエコカラットですが、結露や湿気対策に非常に有効であるということで注目が高まっています。
しかしこのエコカラット、実は様々なデメリットが存在するのも事実なんです。

例えば衝撃に弱く、ちょっとしたことでもすぐに割れてしまうこと。そして水分を吸収してしまう特徴があるために水気があるところでは使用できず、少しでも水がかかってしまうと汚れが取れなくなってしまうことなど。様々なデメリットがあるんですね。

エコカラットは特殊な壁材ですから従来の素材と比較しても工事に時間がかかり、また面積もある程度の広さを求められるようになります。そのため、余裕を持って空間をリフォームできる方でなくては大規模な工事は難しいと言える部分もあります。

もちろん日頃からお手入れをしていればエコカラットは長持ちしますが、従来の素材とは異なりますから工夫してお手入れする必要性があるのも事実なんですね。

ではエコカラットのデメリットとはどのようなところなのか、今回はその部分について詳しくお伝えしていきたいと思います。これからエコカラット工事をお考えの方はぜひこちらの内容を参考にしてご検討頂ければと思います。

Copyright(c) 2014 裏読み!エコカラット All Rights Reserved.